【悲しい時ー!】大型バイクに間違えられた(人生初)【ダイエット事件簿】

悲しみをバネに


シェアする

 

こんばんは。

完全なる出オチですが、昨日ウォーキング中に、大型バイクに間違えられました。
人生初の出来事ですので、一応記録したいと思います…。あ、わたし一応女です。
ちょっと練習も兼ねて、エクセル(お馴染みの表計算ソフト)と、
「いらすとや」のイラストをコラボさせて、図を作ってみました。
いらすとや、大好きです。ありがとうございます。

簡単ですが、図にしてみました。

図1

普段、自宅の近くをぐるぐるとウォーキングしているのですが、近所にある
少し大きめなスーパーの地下駐車場の入口前を通って、自宅の方へ戻っています。
いつも地下駐車場入口前にお店の警備員の方が数名立っており、
車や歩行者の誘導をされています。

つづく

図2

で、昨日も同じルートでウォーキングに励んでおりました。
警備員さんも同じ場所にいつも通り立っておりました。
地下駐車場入口前に、木がたくさんある箇所があって、夕方以降日が暮れて
くると、少し薄暗くなります。今回はそれが原因だった様で…。

つづく

図3

私はいつも通り、歩いておりました。
そこへ丁度左折して、駐車場へ入ろうとしている車が。そうすると警備員さんが、

つづく

図4

つづく

えっ

つづく

私が暗闇を抜けて近寄ったら、即座にめっちゃ笑顔で訂正してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや人類に見えなかったのか?…。

まさか、単車に間違えられるとはね…。ついに「人類」を超えてしまったかと
↑の表情で、ふと思ってしまいました。
私、めっちゃ静かに歩いてましたよ!? マフラーなんて付いてないからね!!!!!!
すごーく昔に無理矢理参加させられた合コンで、
フォーリンラブのバービーに似てるって
言われるっしょ!
」と、サンシャイン池崎似の席にいた男に言われた事はありましたが。(ちなみに今まで一度も言われたことねーよっ!!!!怒)

こういった出来事はどんどん記録して、ダイエットのモチベーションをUPさせよう。
たまに眺めて「太っている場合じゃないよ!」と自分自身を鼓舞する為のネタにします。
ここまでご覧頂き、誠にありがとうございました!

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です