知人に誘われて体験した「ダイエット料理教室」の話【マルチ商法の体験談PART①】

体験談を語ります。


シェアする

こんにちは。
今日は、【マルチ商法の体験談】と題して、実際に体験した事を記事にしたいと思います。
私も体験した時は困惑し、インターネットで調べたりしていたので、
同じ様な体験をした方のお役に立てばと思い、書く事にしました。

 

注意事項

長文です。過去に実際に体験した内容を綴っています。
メインの料理教室に参加したところから読みたい方は、目次の[4.]からどうぞ。

友人A子の友人B美

学生時代の友人A子とは、1年に1度会うか会わないかの仲。
当時はお互いにあまり良く思っていなかったが、社会人になってからは時々飲みに行く様になった。

意外だった。ちょっとぶっ飛んでいる価値観を持っている子ではあるけれど、
基本的に聞き手に回っていれば楽だし、まぁまぁ楽しめる。
相談をしたりされたりする仲ではないが、飲み友としては100点だ。

ある日、いつも通り他の友人たちも交えて飲んでいた時に、最近参加した合コンの話が始まった。私はあまり合コンは好きではないので、こういう話題はもっぱら聞き役。

「 男は捕まえられなかったけど、その場に来ていた女の子と友達になれたから、
今度紹介するよ!

「いいね!連れて来てよ、みんなで飲もうよ。」とみんな乗り気で、そう遠くないうちにその女の子と会うこととなった。その人が、B美である。

 

スポンサーリンク

最先端トレーニング×オンライン食事指導
圧倒的にカラダが変わる60日間

 

至って普通の女の子

「紹介するね!B美ちゃんだよー!」
あの飲み会から数週間後、A子から紹介を受けた。
よろしくー!
明るくてよく話す、至って普通の子。
A子と違って話上手・聞き上手でもあり、その時は非常に好印象だった。
「社会人になってから友達が出来ないなんて嘘じゃん!」とちょっと思ってしまったくらい。
飲み会は和気藹々として、とても楽しめた。
連絡先を交換し、その日は解散となったが、後日B美から連絡が来た。

実は私、定期的に料理教室を開いていて、そこで教えているの。
ミチちゃんも、良かったら来ない?

なんというタイミング…私も料理教室に興味を持っていて(ちなみに今も興味を持っているが、通おうか否か二の足を踏んでいる(笑))一度通ってみたいと思っていたのだ。
「行く行く!というか教えてるの?すごい!料理出来るんだー!やる時教えて!」と
伝えて、連絡を待った。

この時、私が想像していたのは調理実習みたいな感じで、皆で材料を持ち合って、
わいわい話しながら切ったり煮たりするものだと思っていたのだけど…

 

料理教室の会場が…

数日後、B美から連絡が来た。
〇月×日 18時~前に話した料理教室あるんだけど、予定どう?
予定ないから、行ける!」と、私は即答した。

続けて、「持ち物は?」と聞いた。するとB美が、

参加費が2,000円で、材料とかはこっちで揃えるから大丈夫だよ!
エプロンとかもいらないから!それで、場所が二子玉川なんだけど大丈夫?」と。
住所を貰って、ネットで検索してみた。住所を入れると、立派な建物の写真が出た。

え、タワーマンションでやるの?

勝手な想像だが、役所が貸し出している会議室そういう所を借りるものだと思って
いたので、とても驚いた。…そして、ふつふつと募ってくる不信感。

ここ、知り合いの家なんだけど、料理教室やる時に部屋を貸してもらってるんだ。
夫婦が住んでいるんだけど、とてもいい人たちだし、大丈夫だよ!

そういう情報って、
先出しして欲しいんだけど。

何だか胸の中が、ごわごわする。何だろうこの不安な感じ。大丈夫か…?
あなたにとっては「とてもいい人たち」なのかも知れないけど、
わたしはその「いい人たち」と面識ないし。
結局参加することになり、「何事も経験だ」と言い聞かせ、すぐに当日を迎えた。

実際に料理教室に参加してみた。

仕事が終わり、二子玉川のタワーマンションへ向かった。
現着。B美をマンション入口のボタンから呼び出して、ドアを開けて通してもらった。

玄関ドアの前について呼び鈴を押すと、B美がドアを開けて出てきた。
B美は満面の笑みで「来てくれてありがとー!」…ちょっと怖かった。
恐る恐る中に入ると、その部屋に住むC江さん(「いい人たち」の片方)がいた。
挨拶をして、他の参加者達が来るのを待った。その間にB美が慣れた手つきで、
準備を勧めていた。
テーブルの上に置いてあったフードプロセッサーに目をやった。
そこに、

 

 

 

Am○ayのロゴが。

 

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 出たああああああああああああ!!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 心の中で叫んだ。
「なるほど、こうやって勧誘すんのね。だから、肝心な情報後出しなのねー
以前インターネットで記事を読んだり、友人と話をしたことがあったので、
存在は知っていた。しかし、まさかこうして自分に降りかかってくるとは。
ある程度知っていたからか、意外と冷静だった。まだ何も始まっていなかったが、
既に帰りたかった。

 

参加者が揃って、料理教室が始まった。
材料は、以下の通り。B美が書いた手書きのレシピを要らないかったけど貰ったので、
以下記載してみます。
*作ったものと商品名は実際の名称ではありません(実在しない名称に変更しています)。
内容が本当に酷いですよw

かんたんチーズオムレツの作り方
<材料 (4人分)>

  • たまご 6個
  • とろけるチーズ 適量
  • パワフルプロテイン 大さじ2
  • 塩・コショウ 適量

<作り方>

  • 溶き卵の中に、パワフルプロテインを入れ、メタルミキサーSで混ぜる。
  • とろけるチーズを塩・コショウを入れ、メタルミキサーSで更に混ぜ合わせる。
  • IHベイクパンを中火で温め、CUオイルを薄く引き、流し込み、弱火にする。

 

何、パワフルプロテインって?!
IHベイクパン?!何だそれ?!

必死に笑いをこらえる私。オムレツにプロテイン入れるとか(笑)
相手の意図がすぐに分かった。
「『これ、どこの商品ですか?どこで買えるんですか?って聞かれるのを
待ってるのね。なるほどねー。」
自分たちから紹介しては行けない規律でもあるのかな?と思えるくらい、
アイテムやら材料の話はして来なかった。(そして、誰も質問していなかった。)

アルミ鍋とIHベイクパンの違い

チーズオムレツ以外にも、魚のムニエルやサラダなどを作った。
「作る」と言っても、材料は既に下ごしらえされていて、ただただプロテインやら
何とかパウダーやらオイルとやらを、材料と混ぜて火を通すだけという感じで、
私含む参加者は、
通販の実演販売を見ているお客さん」の様な状態だった。やる事なし。
そして、何かを作る度に出てくる真新しい鍋。
B美が、「じゃあ皆さんこちらに注目してくださーい!」と
声をかけた。
C江さんがB美にサッと、小さなアルミの鍋を差し出した。
ご丁寧に、「アルミ」「IHベイクパン」とラベルまで貼ってある(笑)

そうするとB美が、
皆さん、今からちょっとした実験をします!
このIHベイクパンとアルミの鍋を
見てください。
大さじ2杯のお水が入っています。今から、このお鍋をアルミたわしで

こすってみます!皆さんも手伝ってください!と説明し、
参加者一人一人にアルミの鍋が渡り、たわしで磨く事になった。

野菜を切ったりはしないのに、鍋をこすらされるとは…

そう思いながら、嫌々鍋を磨いた。そうすると、アルミの鍋の水が黒ずんで来た。
そこで、B美
見ての通り、アルミの鍋は水が黒ずんでいますね。
つまり、お鍋で何かを煮たりすると、同じ黒い水が食べ物に染みるので、
体にとても悪いんです。でも、IHベイクパンの方はでどうですか?
水が奇麗なままでしょう?こちらの鍋で作る方が、体にいいのです。

 

なにこれ、理科の授業?

 はっきりは言わない。だけど、
この鍋で作らないと、あなたの健康を損ないますよ。興味ありませんか?」と
いかにも参加者へ問いかけている様な雰囲気だった。
参加者が乾いた声で「スゴーイ(棒)」と言っていたのを聞いて、
「皆気付いているのかなぁー」とも感じた(笑)

スポンサーリンク

 

 

雑談中にマウンティング攻撃

料理が出来上がると、着席する様言われ、皆席に着いた。
そうすると、参加者の一人が「記念撮影しましょう」とカメラを取り出した。
えっ」写りたくない。私は、隣の参加者の影に隠れた。
そうすると、反対隣りの若い女の子が「隠れてますよ。」と私の二の腕を
力強く引っ張った。その瞬間、思った。

カメラを向けている女と、(二の腕掴んだ)この女は、グルだ。」

私は、その女の子の腕を掴み返し、小声で「…分かってるからね?」と伝えた。
そうすると、すぐさま手を離した。
これはあくまで予想だけど、この写真を実績として証明するのかなと思った。

結局記念撮影をして、いざ実食。味は至って普通。感動は特になし。
雑談をしながら食事をしていて、「旅行」の話になった。

C江さんが、
「私も旅行大好きなの!」と一言。
参加者の一人が、「スペインへ行ったんですけど、とても良い所でした!」と
続けて言うと、C江さんが

ヘリコプター貸し切って、ナイトクルージングとか
すごーく楽しいよね!

参加者の子、だんまり。

その他にも、

私、しばらく電車に乗ってないから(=普段「イイ」車に乗っているから)、
満員電車なんて乗る機会ない。」→参加者ほぼ全員、電車通勤。

私もう海外旅行で30か国くらい行っているの!

ねぇ、貴女に憧れなんて誰も持たないよ?

「負け惜しみ」とかじゃなくて。聞いててサムいですよ?と言いそうになったが、
グッと堪えた。
お金かかるでしょう?じゃあどうやってそういう生活を保っているの?」って
聞いて欲しいんでしょ。魂胆丸見えですよー。

もうお分かりだと思いますが、C江さんが所謂「親玉」で、B美がその家来という名の
カモ」でした。B美は気づいていないんだろうけど。
その後、即帰宅しました。
後日、「手巻き寿司パーティ」やら「ボーリング大会」等、しぶとく連絡が来ました。
が、無視し続けたので、相手も分かったのでしょう。パッタリ来なくなりました。
私をカモにするなんぞ、100億年早いんだよ!!!!!!( ゚Д゚)ゴルァ

万が一、怪しいセミナーに勧誘されたら・または参加した場合

直感は大体当たります。
一度経験しているのなら、尚更。

万が一「怪しい」と思ったら、必ずネットで検索を掛けるなりして、調べましょう。

マルチ商法やねずみ講の場合、検索予測に「怪しい」や「マルチ」等、
あぁやっぱりね」と思わせるワードが出てきます。
「他にも調べてる人がいるんだ!」と分かりますよ!
私の様な体験を実際にされた方々が、ブログ記事に書いているので、
是非ご覧になってみてください。掲載許可を頂いていない為、
こちらでご紹介が出来ないのですが、検索するとたくさん出てきます。
是非ご覧になってみてください。

 

参加する事になってしまった場合

まず会場の周りを見渡して、今回の体験談に出てきた様な
フードプロセッサーや鍋など、それらしきアイテムを探します。
そこにロゴがあったり、材料にラベルが貼られていたりしますので、
必ず確認してください。今回のAm○ay以外にも企業は他にもあります。
実際にいろいろな話を振られても、堂々としていてください。
隙があれば、抜け出してOKです。
幾度となくお誘いが来ても、「興味がない」という事をしっかり示してください。
(私は無視で通しました。)

まとめ・個人的な感想

まとめ

  • 料理教室でも何でもない。
  • 商品の事は伏せて、参加費のみの案内が来る。
  • 当日は、ひたすら通販番組。グイグイと薦めて来ないが、強くアピールして来る。
セミナーや料理教室等に勧誘されたら・参加することになったら

  • マルチ商法やねずみ講だという決定的なものを確認する。
  • インターネットで検索する等、必ず調べる。
  • 色々と話を切り出されても、動揺せず堂々とする。
  • 興味がなければ、「興味がない」ということをしっかり示す。

私は、今現在マルチ商法に携わっている方々に、「そんなもの止めなよ!」と
言うつもりは、毛頭ございません。
この記事を読んでくださっている方の中にもいらっしゃるかも分かりませんが、
その商品が自分に合っていて、自分に損は無いと感じるのなら、各自の判断で
続ければ良いと思います。

ただ検索すると高確率で、「料理教室で料理の腕を磨こう!」等ではなく、
料理教室を開いて、お金を稼ごう!(意訳)」とこてこてのビジネス関連のキャッチコピーが出て来るのです。
疚しいと思わないなら、本当にお薦めしたいのなら、堂々と薦めればいいのに、

何故、勧誘の際にアイテムの説明がある事を伏せるの?
何故、肝心な部分を後から説明するの?
何故金額の話は出ないの?

そこなのです。

そんな状況ならば、自分をカモろうとしているんじゃ…?
そして検索すると、「ビジネスで成功しよう!」のキャッチコピー…?
自分のお金の為に、デブな私を利用しようとしているだけじゃない?と思われても、
致し方ないですよね。

個人的には、極めて悪質だと感じました。例え、相手に悪気がなかったとしても。
こちらの記事がお役に立てば、幸いです。
長い文章となってしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。
先に言いますが、PART2もあります(笑)

 
それでは、また☆

 

 

おまけ

後日、こちらの体験談をA子に伝えました。
「本当に?!びっくりだね…いい子だと思っていたけど、まさかカモだったとはね。

でも、ウチのお母さんもやってて、料理教室開いてるよ。
私はやってないから、安心して☆」

…ここも、グルだったのか?

 

スポンサーリンク

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です